蒸気、それは...

蒸気は自然によく見られるもので、日常生活の一部となっています。
しかし、この並外れた流体は、多様で重要な産業にとって、極めて効率的で重要なツールであり、持続可能な未来の一部として、ますます重要性が高まっています。「蒸気」という言葉はその可能性を十分に表していません。Natural Technologyなのです。

Down arrow

蒸気がNATURAL TECHNOLOGY(自然のテクノロジー)である理由

不可欠
多くの産業が蒸気に依存

Natural Technology(自然のテクノロジー)は毎日、人々の生活を安全にし、エネルギーの流れを支えています

食品

飲料

病院およびヘルスケア

石油およびガス

化学薬品

製薬

OEM(相手先ブランド名製造)

発電

優れた汎用性
蒸気が最善のチョイスとなる理由

Natural Technology(自然のテクノロジー)は毎日、各種のアプリケーションと用途を支えています。

  • 発電
  • 加湿
  • 殺菌
  • 調理
  • 清掃
  • 冷却・冷蔵

パワフル
他の流体では匹敵できない高い能力

高いエネルギー密度

高いエネルギー密度

大量のエネルギーの効率的な伝達を実現

正確な温度制御

正確な温度制御

圧力制御により蒸気温度を簡単に管理

小型のインフラストラクチャ

小型のインフラストラクチャ

貴重なプロセス空間を低減

自然な流れ

自然な流れ

ポンプは不要

効率的な熱伝達

効率的な熱伝達

加熱面を通すか、製品に直接使用することが可能

自然の水のサイクル

自然の水のサイクル

残るのは水のみで、その水を回収して再利用可能

生命がそれに依存

私たちはそのおかげで地球に住むことができます

蒸気とコンデンセート・ループは、地球の温度を制御し、あらゆる生命に不可欠な水分をもたらす水のサイクルを模倣しています。



私たちは蒸気のおかげで地球外に旅立つことができます。

サターンVロケットには史上最大の蒸気機関2基が使用されています

NATURAL TECHNOLOGY(自然のテクノロジー)、維持可能な手段で生成

蒸気-より環境にやさしい技術

多くの産業や組織において、蒸気は自社の持続可能性にかかわる戦略に適したNatural Technology(自然のテクノロジー)であるとの認識がますます高まっています。 新しい蒸気生成テクノロジーにより、私たちはカーボンフリーの蒸気生成に向けて歩みを進めています。

68%はコロナ禍後、よりグリーンな蒸気テクノロジーに投資を行う可能性が高いとしています

アンケート回答者に占める%。出典:Aggreko Report

英国の産業用加熱全体の35%に蒸気システムが使用されています。英国の産業用エネルギー需要の73%は加熱目的であるため、蒸気生成の効率を高めることで長期的な持続可能性に大きな影響を与えることができます。

出典:Aggreko Report

蒸気システムの保守の向上および低コストの 改善によりエネルギー消費量を即時低減

出典:Aggreko Report

現在から未来に対応

今日の世界のためのNATURAL TECHNOLOGY(自然のテクノロジー)

現在では、よりクリーンかつより持続可能な方法で蒸気を生成するために、既に産業スケールのソリューションが運用されています。

再生可能な電気による蒸気生成

カーボンフリー、排気ゼロ、100%再生可能な蒸気
現在では、電気システムのパワーのおかげで、商業・産業セクターの大容量ユーザーも蒸気生成過程で出される炭素を排除できるようになりました。 このようなシステムは、真の維持可能な事業に移行しつつある先進的企業にとって、最適なソリューションです。
水力、太陽光、風力、電力のような100%再生可能な動力源を併用した場合には、蒸気生成器は排気ガスや炭素を一切発生させることなく、1~20トンの蒸気を生成することができます。 これらの方法では、97%のエネルギー変換効率で再生可能な電気を蒸気に変換することが可能です。

バイオマス蒸気ボイラ

蒸気は、各種の製造工程から出されるオリーブ果肉、もみ殻、ヤシ殻などの有機廃棄物を燃焼することで生成することができます。これを使用して、熱と電力を得ることができます。この熱電併給(CHP)システムは、発電と同時に、その排熱を熱源として利用するものです。有機廃棄物を削減して、燃焼プロセスで出されるエネルギーを有効活用することにより、環境的な持続可能性を高めながら、電力コストを削減できます。
バイオマスのケーススタディ

そして、明日の

急速に発展するテクノロジーが、ゼロカーボンの蒸気生成を実現します。

熱電池

ゼロエミッションの蒸気

水素からの蒸気

脱炭素における水素の役割

蒸気生成ボイラ

正味ゼロの水素によるエネルギー生成

熱電池

ゼロエミッションの蒸気

熱電池

熱電池は、熱エネルギーとして蓄積された再生可能電力を活用するもので、維持可能な蒸気生成に代わる手段となり、各種の産業用途に必要に応じて蒸気を提供することができます。各熱電池は、予想熱効率が90%以上、かつ寿命も20年以上で、メンテナンスがほとんど不要な上、性能低下もありません。ゼロエミッションの蒸気に向けたエキサイティングな道筋

水素からの蒸気

脱炭素における水素の役割

水素からの蒸気

2030年までの目標として年間1千万トンのグリーン水素の生産が掲げられていますが、蒸気は二酸化炭素を伴うことなく生成できるため、低炭素経済に移行する過程で、グリーン水素が大きな役割を果たすことになります。こちらの動画で詳細をご確認ください。

蒸気生成ボイラ

正味ゼロの水素によるエネルギー生成

蒸気生成ボイラ

天然ガスを燃焼すると約10%の炭素が生成されますが、水素を燃焼しても炭素が排出されることはありません。英国政府は、2050年までに温室効果ガスの排出量を正味ゼロとすることを目標としていますが、これをサポートするために水素のみを活用したエネルギーセンターが開発されています。
このテクノロジーは、蒸気生成用ボイラーに最適です。このための水素インフラストラクチャにはさらなる開発作業が必要になるものの、大規模な蒸気生成向けのゼロカーボンの水素対応バーナーには膨大なコストがかかるわけではありません。さらにこのテクノロジーは、燃焼排ガス量を10%削減することが示されており、ボイラの効率を大幅に向上できることになります。

NATURAL TECHNOLOGYについてさらに詳しく知りたい場合は、ご連絡ください

ショーケース: デジタル化

蒸気を活用して持続可能性を高める過程では、蒸気システムの遠隔モニタリングと制御が重要な役割を果たすことになります
問題の発生後に対応する非効率的な方法の代わりに、デジタル化を行うことで早期警告、予測、急速な問題解決が可能になり、顧客に新しいレベルの制御性を提供することができます。

効率を改善

問題が起こる前に検知して、即時対応することで、より大きな問題の発生を防止することができます。

製品寿命の長期化

早期問題検知により、メンテナンスと修理を賢く行えるようになります

炭素の削減

最適化された蒸気システムはエネルギー排出を削減するため、炭素の削減にもつながります

プロセスゲイン

準最適システムの検知により、プロセスの生産性を向上します

NATURAL TECHNOLOGY(自然のテクノロジー)についてエキスパートにご相談ください

私たちと一緒にNATURAL TECHNOLOGY(自然のテクノロジー)に取り組みませんか

スパイラックス・サーコとゲストラは、Natural Technology(自然のテクノロジー)の高精度制御と効率的使用のための高度製品において世界をリードしています。未来について今から話し合いましょう

弊社では、Natural Technology(自然のテクノロジー)の可能性を最大限まで追求するために、有能なエンジニアを探しています。

詳細についてはこちらをご覧ください